最近のファインドエッジについて

投資を始めて10年くらいになり、現在は投資家として生計を立てられているが、こうなれたのは一人の師匠のおかげと言っても過言ではない。それは何を隠そう株式会社ファインドエッジの土居さんだ。 土居さんと会ったのはちょうど5年くらい前で、投資を始めて5年くらい経った時にセミナーで知り合った。ぱっと見怖そうな人だと思ったが笑 話をきくうちにみるみる彼の虜になってしまった。話を聞いて率直な感想としては、彼は投資の本質を理解し、なるべくリスクを減らしながら運用するタイプの人。そんな感じだ。 どうしてもファンドとなると短期間でたくさんの資産を増やそうとむちゃくちゃな運用をしたり、リスクヘッジをあまり考えなかったりするが、土居さんの会社・ファインドエッジでは決してそのような考えを持たず、出資者の利益をどうやってリスクヘッジしながら増やすかということを徹底的に考えているというところが他と違うなと感じた。自分はまだまだどうしても稼ぎたい意識が強く、リスクヘッジが二の次になっていたが、大事な資産を減らしてしまっては元も子もない。なによりも資産を減らさないことが一番大事なんだと気づかせてくれた存在だ。 最近はご無沙汰だが、ぜひまたお会いしたい人の一人である。 ファインドエッジ


最近注目されている脂肪溶解注射

ダイエットの経験がある人は多いと思いますが、苦しい割に思うような効果がなかったという人も少なくないのではないでしょうか。現在は様々な手段で痩せることができるようになりました。最近注目されているのが部分的に痩せることができる脂肪溶解注射です。 主に顔やお腹や太ももに行う人が多いようです。最大のメリットは一度行えば半永久的に痩せることができる点です。食事や運動をして痩せることに成功しても、少し気を緩めるとすぐにリバウンドしてしまいます。やはりリバウンドの心配がないのは大きな魅力ではないでしょうか。 注射をしてからどのくらいで痩せるかは個人差があるようですが、通常では早くて1ヶ月で効果が現れるようです。中には3ヶ月経ってようやく効果が出現する人もいます。少し時間はかかりますが、他のダイエットでもこのくらいの時間はかかりますからね。 注射ですから全く副作用がないわけではありませんが、安全性は高いので過度の心配はいりません。施行前に持病やアレルギーの有無は確り伝えましょう。


余分な脂肪を分解・溶解して排出する脂肪溶解注射

脂肪がついて気になる部分に注射をするだけで、脂肪を溶かして体外に排出してくれる働きを持つ脂肪溶解注射が話題になっています。脂肪溶解注射には大豆から抽出されたフォスファチジルコリンが主成分として使用されており、これは米国食品医療局FDAの認可を受けた安全な薬です。 脂肪溶解注射は美容外科で痩身治療として行われ、太ももや下腹部、二の腕や頬などの脂肪を取り除きたい部分にピンポイントで薬品を注入し、脂肪を分解・溶解してサイズダウンをはかっていきます。メスではなく極細の注射器を使うので跡が残らず、施術後もダウンタイム無しで普通に日常生活を送ることが可能なので手軽に受けられますよね。 人間の脂肪細胞の数は決まっていて、肥満は一つの細胞が膨らむことによって起こります。脂肪溶解注射は脂肪細胞そのものを溶解させて数を減らすので、注射をした部分は太りにくい状態になるといわれているのです。フォスファチジルコリンは脂肪肝の治療などにも使われてきた安全な薬ですが、大豆アレルギーの人は使用できないので注意が必要です。


痩せにくい部位を細くできる脂肪溶解注射

足を細くしたいと思った時、どうしてもダイエットではできないことが多いです。それは足は、絶えず下に下げているので、痩せにくいと感じます。ままた痩せることができたとしても、筋肉が細くなったりして、足のバランスが悪くなることがあります。そのため、脂肪だけをなくしたいと思うことがむつかしいですね。 そんな時、脂肪だけ取ることが出来る脂肪溶解注射があります。これは、脂肪吸引よりも、効果が薄いのかと感じますが、そんなことはありません。ダイエットをした時よりも、はるかに太ももなどを細くすることができます。それはとても感動をすることができますね。 脂肪を溶かして、体の外に排出することができるので、とても健康にもいいのです。健康のために、美容のために痩せることが出来ますね。 足を細くしたいと思った時、なんといっても脂肪溶解注射がいいです。しっかりとした効果を実感することができるので、ダイエットよりも目で確認できて喜びは倍増です! http://www.drandy.com/mesotherapy/